本ページはプロモーションが含まれています

DAZN BASEBALLのメリット・デメリットは?途中解約できる?

スポーツ
この記事は約8分で読めます。

スポーツ配信サービスのDAZNは値上げが続いていますが、2月にプロ野球のみが見放題となる「DAZN BASEBALL」の新プランも発表されました。

年間契約のみ受け付けている「DAZN BASEBALL」ですが、果たして本当にお得なプランなのか?気になる方も多いですよね?

・「シーズン中だけ観たい場合はどっちに入った方が良い?」
・「『DAZN BASEBALL』に入った場合のメリットが知りたい」
・「DMM×DAZNホーダイはどうなの?」

という方向けに、「DAZN BASEBALL」のメリット・デメリットや、目的別におすすめのプロ野球の視聴方法を紹介していきたいと思います!

\シーズンだけ見るなら年間プランよりも安い!/

最もお得にDAZNで野球を観れるのは?

DAZNには、複数の契約プランがあります。

よくわからないまま契約すると、結果的に損してしまう可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。

契約方法月額料金(税込)シーズン中
(4-10月)料金
年間料金(税込)特徴
DAZN
BASEBALL
2,300円
※年間契約のみ
27,600円
※4/17まで25,300円
・プロ野球のみ
・年間契約のみ
DMM×
DAZNホーダイ
3,480円24,360円41,760円・DMMプレミアム(月額550円)も視聴可能
シーズン中のみ視聴なら最安値
DAZN for docomo4,200円29,400円50,400円dTVやひかりTVとセットで契約することで割引あり
スタンダード
月間
4,200円29,400円50,400円DAZNの一般プラン
Jリーグ等他スポーツも視聴可能
スタンダード
年間一括
2,666円
※年間契約のみ
32,000円DAZNの年間一括払いプラン
スタンダード
年間分割
3,200円
※年間契約のみ
38,400円DAZNの年間一分割払いプラン

月額980円の「DAZN Global」プランではプロ野球は見れません。ベースボールまたはスタンダードプランを選択してください。

それぞれ順番に解説していきますね!

料金や特徴を図でまとめました。

  • キャンプやシーズンオフも観たい! ➡ DAZN BASEBALL
  • シーズン中だけ(4月-10月)観れればOK! ➡ DMM×DAZNホーダイ

という感じですね!

今回は、この2つのサービスを徹底比較していきたいと思います!

【1年中プロ野球を楽しみたいなら】「DAZN BASEBALL」

年々値上げが続くDAZNですが、ついにプロ野球専用セットが登場し、プロ野球ファンにとっては魅力的なプランが登場しました。

他のスポーツ番組は視聴できないため、その分料金が安くなっています。

「DAZN BASEBALL」とは、

「DAZN BASEBALL」とは
  • 春季キャンプ、オープン戦 & 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズを放送
    (広島東洋カープ主催試合、中日ドラゴンズ主催の対巨人戦の一部の試合を除く)
  • 見逃し配信 & ベストプレー集”バズリプレイ”も視聴可能
  • オリジナル番組(ジャイアンツ・ドキュメンタリー他)
  • 年間契約のみで、途中解約は不可

というプラン内容です。年間契約のみで、途中解約はできません。1年分の料金を支払って利用することになります。

春季キャンプやオープン戦といったシーズン開幕前から選手の動きをチェックしたい、クライマックスシリーズまで全部の試合を観たい場合は、「DAZN BASEBALL」一択でしょう。

\シーズンオフも野球を楽しみたいなら!/

一方で、デメリットもあります。

  • 応援するチームがクライマックスシリーズに出場できなかった場合
  • カープファンの方
  • シーズン中だけ観れればOKの方

といった方には、次の「DMM×DAZNホーダイ」のほうがおすすめできます!

【シーズン中だけ楽しみたいなら】DMM×DAZNホーダイ

「DMM×DAZNホーダイ」は、DAZNの月間プラン(4,200円/月)とDMMプレミアム(500円/月)がセットになったプランです。

DAZN スタンダードのコンテンツとDMMプレミアムのコンテンツが同時に観れて、DAZNの月間プランよりも安い3,480円/月という、かなりお得なプランとなっています。

月額料金では最安値となるため、シーズンが開幕する3/29からクライマックスシリーズ最終戦の10/21のシーズン期間中だけ観れればOK!という方は「DMM×DAZNホーダイ」が有力な選択肢となります。

また、DAZNスタンダードプランで視聴できるコンテンツは全て見れるため、他のスポーツも観ることができます。

\シーズンだけ見るなら年間プランよりも安い!/

DMM×DAZNホーダイとは?

DMM×DAZNホーダイは、DMMプレミアムとDAZNスタンダードプランが1つにまとまったサービスです。

  • 通常DAZN スタンダードプラン + DMMプレミアム を個別に契約すると合計4,750円のところ、まとめて3,480円で観れる
  • DAZNスタンダードプランでJリーグ・ラリーガ・女子ゴルフ・F1が観れる
  • DMMプレミアムで、新作アニメ・バラエティー作品・ドラマ・2.5次元作品などが17万本以上見放題で視聴可能

といった特徴があり、シーズン中だけでOK!の方や安くプロ野球を観たい!という方には「DMM×DAZNホーダイ」がおすすめです。

アニメやバラエティーなどのエンターテインメント作品が好きな方は特にお得感を感じられそうですね♪

\野球もアニメも同時に楽しめて月額プラン最安値!/

プロ野球ファンにはDAZN BASEBALLは本当に必須?

ここまで、DAZN BASEBALLとDMM×DAZNホーダイの比較をしてきました。

改めて料金や、どんな人がおすすめなのかを整理しておきますね。

DAZN BASEBALLがおすすめな人

DAZN BASEBALLがおすすめな人は、ズバリ、シーズンオフ中もプロ野球を楽しみたい人。これに尽きるでしょう。

DAZN BASEBALLがおすすめな人
  • シーズンオフのキャンプ期間やオープン戦も含めてプロ野球を楽しみたい人

一方で、プロ野球のオフシーズン中も契約することになり、視聴コンテンツがプロ野球のみなので、お得かどうかは賛否両論あるようです。

年間契約のみしかないため途中で解約したいと思っても解約できないので、確実に1年中プロ野球を楽しめる!という方にぜひ。

DMM×DAZNホーダイがおすすめな人

DMM×DAZNホーダイがおすすめな人は、シーズン期間中だけでOK!の人や、他のスポーツやアニメも観たい!という人におすすめです。

DMM×DAZNホーダイがおすすめな人
  • プロ野球のシーズン中(4-10月)だけでOKの人
  • サッカーやF1、女子ゴルフなどの他のスポーツも観たい人
  • DMMプレミアムで、アニメやドラマを見たい人

月額料金を支払えばよいので、自分の好きなタイミングで契約・解約ができるので、年間契約はハードル高い!という人にもおすすめです。

安く抑えて且つ、スポーツやアニメなどのコンテンツも一緒に楽しみたい人にぜひ。

\シーズンだけ見るなら年間プランよりも安い!/

DAZN BASEBALLのメリット・デメリットは?野球だけ観るのに本当にお得?まとめ

ここまで、2024年シーズンにDAZNでプロ野球を観る方法について解説していきました。

DAZNの値上げが発表される中、プロ野球セットプランが出たり、DMM×DAZNホーダイなど、様々な契約方法があるため、どうするのが一番お得なのかが迷いやすいです。

今回は、「DAZN BASEBALL」と「DMM×DAZNホーダイ」の比較をしてきました。

最後に、それぞれの料金や特徴、どんな人がおすすめなのかを整理しておきますね!

DAZN BASEBALLの特徴
  • おすすめな人:シーズンオフのキャンプ期間やオープン戦も含めてプロ野球を楽しみたい人
  • 料金プラン:年間契約のみ
  • 特徴:途中解約できない、他のスポーツの視聴は不可
DMM×DAZNホーダイの特徴
  • おすすめな人:シーズン期間中だけでOKの人や、他のスポーツやアニメも一緒に楽しみたい人
  • 料金プラン:月額料金
  • 特徴:シーズン期間中だけ観る場合なら最安値

\シーズンだけ見るなら年間プランよりも安い!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました